パラシェルター

おすすめギアや立ち回り方、パラシェルター対策について書いているので、傘を使う人や苦手な人は参考に読んでみて下さい。

武器の特徴

ZRボタン(射撃ボタン)を短く押すと拡散弾を発射し、長押しでカサを開くことが可能です。

そして、カサを開いた状態を一定時間続けることにより、カサを切り離して飛ばす「パージ」が出来ます。

カサを広げた状態では敵の攻撃を防げますが、一定以上のダメージを受けると壊れてしまう点と傘開き状態でもインク消費する点に注意しましょう。

また、スプラッシュシールドと同様に背後からのボムで倒されてしまう所にも気を付けて下さい。

対物ギアは傘に効果が無い

物体に対してダメージ量が上がる対物ギアですが、シェルタータイプの武器に対しては効果がありません。

メイン武器の基本性能

射程ライン2.5本分
ダメージ 12.9~90.0
確殺数2~8発
スペシャル必要P180P
解放ランク9
サブスプリンクラー
スペシャルアメフラシ

射程はライン2.5本分までギリギリ届きますが、最大射程ではダメージ量が極端に減ってしまいます。

そのため、実際の撃ち合いで有効な距離(ダメージ50以上出せる距離)はライン2.2本分ぐらいの少し近めの距離になります。

・1対1での撃ち合いが強力

パラシェルターは射撃→傘開きガード→2射目の行動が非常に強力です。

特に、敵が強引に突っ込んできた場合は逃げ場も限定されているため、攻撃を防いでから簡単に2射目でキルを取ることが出来ます。

撃ち合いになった時は、傘開き状態で少しでも左右に動きながら「敵の照準をズラすこと」を意識してみて下さい。

若干エイム難易度が上がりますが、慣れてしまえば被弾率が下がって強気な行動も通せるようになります。

連射だけで倒そうとするとパラシェルター特有の強みが生かせないので、防御能力を上手く使って有利に戦いましょう。

また、近距離射撃→カサを開いた状態で体当たりしても敵を倒すことも可能なので、こう言ったキルの取り方も覚えておくと良いです。

スポンサーリンク

傘対策

・強引に攻めてはいけない

パラシェルターを相手にする場合、強引な攻め方は悪手になってしまいがちです。

これは、傘自体の対面能力が非常に高いものであるため、正面からはもちろん、裏取り等で背後を取れたとしても気付かれた瞬間に、対面状況+圧倒的不利な塗り状況になってしまうからになります。

特に、ローラー等では塗り状況の悪さから逃げる選択肢が無くなるため、傘開き→射撃、または傘開き→時間稼ぎでカバーに入られて一方的に倒されしまうので注意して下さい。

・基本的には傘を後回しにする

「厄介な敵は早めに倒さなければいけない」と思って、無理やりにでも倒しに行く方もいるのではないでしょうか。

上記で書いたように、塗り状況が悪かったり人数不利(または互角)状態では防衛武器に軍配が上がります。

しかし、こう言った武器は複数を相手にすることが苦手なので、人数有利を取ってから挟むことを意識すると簡単に処理することが可能です。

傘を開いている状態は非常に目立つため、敵を引き付けつつ味方の増援を待っていれば簡単に倒すことが出来るでしょう。

とは言え、この行動を敵陣地で取ると逆に挟まれてしまいやすい点には注意が必要です。

・中距離シューターを使う時は近づく

中距離シューター(スプラシューター/N-ZAP等)を使ってパラシェルターと対面する時に、傘開き→射撃に移る瞬間で倒せない方も多いのではないでしょうか。

傘を倒せない原因って、もしかすると「エイム力」ではなく「敵との距離」に問題があるかもしれません。

スプラトゥーンって弾速が遅いゲームなので、離れているほど発射時と着弾時で敵の位置が変わるため、左右に動かれると照準を合わせていても弾が当たらないことが起こるんですね。

こう言ったことから、傘開きに対して照準が合っていても、2射目の移動時に「着弾の位置ズレ」が起こってしまい、攻撃が当たりにくくなる原因になります。

もちろん、全弾外すことなんて無いんですけど、当たっても2発程度で倒しきれない場面も割と多くなるんですよ。(離れた距離でも倒せる場面はあります)

そして、エイムがズラされた分のエイム修正をした頃には傘を開かれてしまう…これがパラシェルターを倒しにくくしている理由の1つになります。

ではどうすれば良いのかと言うと、パラシェルター相手には大胆に距離を詰めてみて下さい。

こうすることにより発射→着弾までの時間が短縮され、照準が合っていれば確実に攻撃が当たることに繋がります。

さらに、状況によっては相手の背後に回り込む選択肢は増えるため、それだけ倒せる確率も上がるはずです。

ただし、自分に10ダメージ以上入っている場合だと、最大90ダメージを受けて疑似1確殺となってしまいやすい点にだけ注意が必要。

そのため、パラシェルターを倒しに行く時は「ダメージを受けていない状態で先手を取ること」が必須になります。

この時に離れた場所から近づこうとしても当然倒されてしまうので、高低差や障害物を使って距離を詰めましょう。

傘視点ではシューターが倒しやすい部類に入るため、対パラシェルターが苦手だと言う認識は間違っていませんが、倒すことが出来ないほどの相性差でも無いです。

最初は私も「なんかパラシェルターが倒せないな」と思っていたんですけど、先手+戦闘時の間合いを意識してみたら倒しやすくなりました。

離れて撃ち合う利点も当然ありますが、近づいた方が良い場面も割と多いので、中距離シューターを使っている人は上記のことを意識して戦ってみて下さい。

 

・背後にボムを置く

傘を壊したい時は例外なんですけど、ボムを絡めて攻撃をする時は敵の背後を目掛けて投げることが大切です。

正面に置いても傘でダメージを防がれてしまいますが、背後であれば、確殺距離→移動/爆風範囲→ダメージが狙えます。

特に狭めの通路で効果的な行動です。

・武器での対策はブラスタータイプがおすすめ

一番簡単なパラシェルター対策は、ブラスター/スクリュースロッシャー等を使うことです。

こう言った武器を使えば傘ガードを無視して攻撃することが可能になるため、攻撃を防がれてから反撃されたり、時間を稼がれて敵に挟まれたりする場面を減らせます。

また、相手が反射的に傘を開いてくれれば機動力が落ち、キル速度の遅さを誤魔化せる場面も少なくありません。(逃げられるタイミングでもキル場面が生まれる)

他の武器であれば、マニューバー系がエイムをズラしつつ背後に回れるため、シューターよりも格段に戦いやすいですね。

武器による対策が一番手っ取り早いので、どうしても傘が辛かったら武器を変えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめギア

・人速

傘ガード→射撃に移る際に被弾率を下げることが可能。積極的にキルも狙って行く立ち回りをする人は付けておくと良いです。

・メイン効率

自分から攻める時は燃費の悪さは気にならないのですが、塗っている時に攻撃を仕掛けられるとインクが足りない場面も出てしまいやすいです。そこで、メイン効率を多めに付けておくと撃ち合える状況が増えて戦いやすくなります。

・インク回復

スプリンクラーを投げた後でも恩恵が受けられるので、少しでも付けておいた方がインク面が楽になります。特に、デボン等の人状態での移動が多くなるステージでは、非常に効果的なギアです。メイン効率を(2.0)以上付ける場合は、インク回復を有線することおすすめします。

・SP増加

SP増加を付ければ塗り性能の高さと相まって、スペシャルの回転率が大幅に上げられます。塗りに特化した立ち回りをする人は付けておきましょう。

・その他

立ち回りによっては、SP減少/イカ速/復活短縮/ステルスジャンプも採用候補。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする