【マリオテニスエース】ショットの種類で何が変わる?ショット相性について

ショットには5種類(トップスピン/スライス/フラット/ロブ/ドロップ)あり、それぞれのショットには違う特徴があります。

状況に応じた適切なショットが打てるように、ショット毎の特徴を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

5種類のショット

トップスピンショット

トップスピンショットは、押し出し効果の高くて、球速の速いショットです。

また、テレサ等で試してみると分かりやすいんですけど、ボールが少しだけ曲がる特徴も持っています。

ショートクロスを打つ時は鋭い角度での返球が可能なので、左右に敵を揺さぶる時にも使ってみて下さい。

スライスショット

スライスショットは球速の遅いショットですが、ボールの軌道が曲がりやすい特徴を持っています。

また、ルイージ等のボレーが得意なキャラは、ネット付近でのスライスショットが強力です。

ボレーで打ち返す時や、有利相性のトップスピンショットに対して使うショットだと思っておきましょう。

フラットショット

フラットショットは、直線的な軌道を描いて飛ぶ一番速い球種ですが、打球が中央よりに飛びやすく、角度が付けにくくなっています。

ちなみに、星マーク内で打つとスマッシュを打つことが可能。

スマッシュについては【マリオテニスエース】上位勢が使っている全テクニック総まとめの記事で詳しく書いています。

ロブショット

ロブショットはコートの奥を狙えるため、敵の体制を崩したり、加速を使わせることに繋がります。

ただ、慣れていない人にはポイントを決めやすいショットなんですけど、上手い人は、加速、チャージキャンセル、テクニカル、を使って対処してくるため、ミス依存になってくる部分が大きいです。

また、チャージ無し状態で打ってしまうと非常に弱い返球になり、相手に強力なショットを打たせてしまいます。

可能な限り未チャージ状態で返球する場合は、フラットショット等の強打で打ち返して行きましょう。

・ロブが使える場面

①ドロップ→ロブショット
②テクニカル(前/左/右)範囲を避けて打つ
③前に出てくる敵に合わせて打つ(チャージショットの上書きが使えると決めやすい)

ドロップショット

ドロップショットは得点に結びつく一番重要なショットです。

特に、クレイコート(土)やグラスコート(芝)では、バウンド量が極端に少なくなり、驚異的なショットへと変わります。

その他にも、前後に動かすための一手として使えるため、ドロップショットの上手さ=強さと言っても過言ではありません。

・マックスチャージショット→ドロップショット

マックスチャージした通常ショット(トップ/スライス/フラット)は、相手に大きな隙を作り出してくれます。

『マックスチャージショット』を打ってからネットに駆け寄り『ドロップショット』へと繋げるのが理想的です。

加速無しでは防げない場面が多いので、実戦でも非常に効果のあるコンボになります。

・ドロップショットの強み

ドロップショットの特性上、他ショットよりも早い段階で『テクニカル』の発動タイミングを見極めなければいけないので、エナジーゲージが無いと対処しきれない場面が多いです。

また、ドロップショットは角度も付けやすいので、相手としては左右テクニカルで拾いたい所ですが、左右テクニカル範囲には入っていないことも。

テクニカルで対処する場合は『前テクニカル』を使用することになるのですが、他テクニカルよりも拾える範囲が狭くなっているだけではなく、返球がドロップショットになるため、打ち返された後も有利な展開が続きやすいです

マックスチャージ状態からの『ドロップショット』を打ち込むことで加速を強要し、エナジーを一気に消費させる一手にも成りえます。

この様に、効果的な攻めの一手として出せる「非常に強力なショット」がドロップショットです。

スポンサーリンク

ショットの相性

トップスピンスライスに強く、スライストップスピンに強い…と言った、相性があります。

ショットの種類に合わせた球種を打つことによって、威力を半減させられる上に、星マーク(スマッシュポイント)も発生しにくくなります。

威力が増すほど効果的なテクニックになるので、特に威力の高い『マックスチャージショット』には有利ショットで打ち返すように意識しましょう。

・ショットの相性表

相手のショット有効ショット
トップスピン/ロブスライス
スライス/ドロップトップスピン
フラットフラット

、と返すと良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする