スプラトゥーン2に最適なコントローラーはどれ?プロコンの必要性について!

この記事では『スプラトゥーン2』で勝ちたい人におすすめのコントローラーを紹介しています。

プロコンの必要性について知りたい方、サードパーティ製コントローラーを検討している方は参考にしてみて下さい。

『スプラトゥーン2』におすすめのコントローラー

Nintendo Switchで使えるコントローラーは沢山発売されているんですけど、結論から言うと、ジョイコンとプロコン以外の使用はおすすめしません。

これには理由があって、任天堂以外が作っている安価コントローラーは、値段が安い分、操作性で劣っていたり、操作遅延が出てしまったりするからなんです。

サードパーティ製は安くて良い…と紹介している方もいますが、勝ちたい人が使うべきコントローラーではありません。

※サードパーティ製とは非純正品のこと。任天堂以外が作ったコントローラー。

それでも使ってみたい!と思う方は、評価の高いサードパーティ製コントローラーを紹介している記事も書いているので、良ければ参考に読んでみて下さい。

関連記事:【Nintendo Switch】おすすめのコントローラーを厳選!操作性とコスパに優れたものを紹介!

最適なのは「ジョイコン」と「プロコン」どっち?

スプラトゥーン2では「プロコンが必要」だと言われていますが、実は、ジョイコンとプロコンとで大差が出る訳では無いです。

確かに、プロコンの方が操作性に優れているんですけど、実際に、ジョイコンだと安定しない操作/行動は特にありません。

つまり、コントローラーに慣れられれば差は無くなる…と言うことです。

プロコンの方が「エイムが合わせやすい」とか「操作が安定する」と言った意見もありますが、おそらく、ジョイコンを使い込んでいないだけだと思います。

私がジョイコンを使って撮影した動画(↓)を見てみて下さい。

このマニューバーのエイム練習動画はジョイコンを使用しておりますが、このレベルまでならコントローラーによる差は出ません。

ジョイコンのジャイロ精度は決して悪くないので、プロコンを使わなければ不利になってしまう…と言う心配はしなくて大丈夫です。

ただ、プロコンにしたらエイムが安定する様になった…と言った方も多いので、ジョイコンが使いにくく感じている方にはおすすめします。

プロコンを使うメリット

コントローラーとしてプロコンが優れている部分は、全体的な操作性の良さにあります。

ジョイコンだとハーフ入力が少し安定しにくいので、慣れていないとスニーキングの移動時に飛沫が出てしまいやすいです。

他にも(ZR)ボタンの連打がしにくかったりするため、パブロやホクサイを使うのが少し辛かったりします。

もし、パブロやホクサイを使っている方なら、プロコンを使った方が操作しやすいはずです。

ただ、これは慣れてないと難しいだけであり、ジョイコンで操作が安定しにくい行動等が有る訳ではありません。

ボタン入力やスティック操作が思い通りに出来ないことは無いですし、ジャイロの操作精度が悪いなんてことも無いです。

プロコンの必要性について

スプラトゥーン2には「プロコンが必須」とまでは言わないですけど、プロコンが使いやすいと言われているのは事実です。

レビュー等を見てみても、ジョイコンよりも操作性が良い…と言う意見はかなり多いですし、充電が長持ちする利点もあります。

私も「ジョイコン」から「プロコン」に替えてみたのですが、実際に使ってみても、やっぱり、使いやすいコントローラーだと思いました。

多くの方が操作性に満足しているコントローラーなので、スプラトゥーン2を本気で遊びたい方なら、まず、買って損するものではありません。

難点を挙げるとすれば、それは、耐久面に関する低評価の多さですね。

ただ、私は1000時間以上使っていますが、未だに壊れていないですし、他の方でも1000時間以上使っても壊れないと言う方はいます。

そう言ったことを考えてみると、もしかすると、操作に力が入ってしまう方だと壊れやすいのかもしれないです。

それでも、使用感に優れていることは確かですし、保証期間が1年間あるので、気になっている方はプロコンを試してみることをおすすめします。

結論:スプラトゥーン2にはプロコンがおすすめ

スプラトゥーン2用のコントローラーは『ジョイコン』か『プロコン』の2つなら、どちらでも問題はありません。

ただ、操作性に関してはプロコンの方が少しだけ優れています。

ジョイコンの操作性は悪くなくて、プロコンの操作性は優れている…これぐらいの差は有るので、一度試してみることをおすすめします。

買い替えた直後は非常に使いづらく感じると思いますが、コントローラーが悪いとかではなく、単純に慣れていないだけです。

使いにくいと感じた場合でも、最低10時間以上は使い続けてみて下さい。

慣れてさえしまえば、使いやすいコントローラーだと実感できるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする