【スプラトゥーン2】カムバックの効果検証!強いと言われる理由を解説!

この記事では、カムバックの効果について書いています。

カムバックで強化される効果を詳しく知りたい方、カムバックが強いと言われている理由が知りたい方は、ここに書いてあることを良ければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

カムバックの効果

①発動条件:敵に倒される(自滅×)
②効果時間:復活後20秒
③強化効果:下記6種類のギアパワー効果をメイン1個分ずつ強化
④強化ギア:メイン効率/サブ効率/インク回復/ヒト速/イカ速/スペ増

カムバックは「敵に倒される」と効果が発動して、復活してから20秒間だけ、6種類のギアパワー効果がメイン1個分ずつ強化されます。

発動条件が緩く設定されている上に、強化量も大きいため、ウデマエX帯でも非常に汎用性が高くて人気のギアパワーです。

・デス数が多い人ほど付けた方が良いギアパワー

例えば、10デスした場合で単純計算すると「200秒=3分20秒」もの間、ギアパワー6個分の効果が発動することになります。

少なくとも1試合の半分以上は効果が発動するので、撃ち合いを積極的に挑みに行く方なら、とりあえず、付けておいた方が良いです。

ただ、デス数が少なくなる傾向にある「チャージャー」等の長射程武器だと、そもそも、カムバックの効果自体が発動しにくくなってしまいます。

つまり、デス数が多くなりやすい武器と相性が良く、デス数が抑えやすい武器とは相性が悪いと言うことです。

スポンサーリンク

カムバックが強い理由

カムバックが強いと言われている理由は、発動条件の緩さと、それに見合わない強化が施される部分にあります。

敵に倒されるだけで発動条件を満たし、6種類ものギアパワー効果が付与される…と言う、最強クラスのギアパワーです。

今まで付けていなかった方は、一度装備してみることをおすすめします。

・防衛時に役立つ効果が満載

デス直後=防衛ターン…となるケースが多くなるため、カムバックは、防衛力を高めるギアパワーとして採用を考えてみると良いです。

例えば、キューバンボムがヤグラ上に設置できれば敵を強制的に降ろせたり、ホコの移動ルート上にボムが設置できたら時間を稼げます。

この時、ボムの回転率を上げれば上げるほど、敵チーム側はカウントが進めにくくなるのは言うまでもありませんよね。

そこで、カムバックの「サブ効率」+「インク回復」を強化する効果に着目。

この効果によって、ボムの回転率を上げられるだけではなく、副次効果として、スペシャルゲージも少し早く溜まる様になります。

安全なボムでキルが取れれば打開が楽になり、キルが取れなかったらスペシャルで打開…と繋げやすくなるのです。

一人でもカウント阻止またはカウント遅延行動が取れれば、それだけ勝率も安定しやすくなるので、特に、ヤグラとホコの防衛行動を強化するためにカムバックを採用してみて下さい。

・前線復帰が少しだけ早くなる

カムバックの効果には「イカダッシュ速度」を上げる効果もあるため、復帰後の移動時間を少しだけ短縮できる利点もあります。

前線復帰が少しだけ早くなるので、それだけ、攻めにも守りにも役立ちます。

・撃ち合いが強くなる

「ヒト速」+「イカ速」が強化されることによって、撃ち合いの被弾率が少し下がります。

また、インク消費量が「メイン効率」+「サブ効率」で減るため、ボムを絡めた行動もインクが切れずに取れる様になります。

簡単に挙げてみましたが、これほど多くの部分が強化されると分かれば、カムバックの強みが理解できたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

カムバックはゾンビギアと相性が良い

カムバックは、どんなギア構成に突っ込んでも強いですが、特に、相性の良いギアパワーも存在します。

それが、下記2種類のギアパワー(復活時間短縮+ステルスジャンプ)です。

・復活時間短縮

カムバックはデスした時に発動するギアパワーなので、復活時間短縮との相性が良く、ウデマエX帯でも併用している方が非常に多いです。

注意点としては、デス数が増えるほど効果も発動しますが、デスが多過ぎてしまうと、味方に負担を掛け過ぎてしまいます。

両方ともデスを補うギアパワーですが、強引に突っ込み過ぎて無駄なデスを積み重ねないことが大切です。

関連記事:【スプラトゥーン2】復活時間短縮ギアの効果量検証+正しい発動条件について

・ステルスジャンプ

倒されてから前線に戻るまでの時間は、カムバックを生かしきれない時間です。

そこで、前線に戻るまでの時間をスーパージャンプで大幅に短縮することが出来れば、カムバックの効果時間を無駄なく使える様になります。

着地点マーカーを見られている状態では、チャージャーやボム等で簡単に狩られてしまうので、安全にスーパージャンプが行える様に「ステルスジャンプ」を付けておきましょう。

ちなみに、ステルスジャンプは復活時間短縮との相性も良いので、カムバックを合わせた3種類のギアパワーを主軸にギア構成している方も少なくありません。

関連記事:【スプラトゥーン2】ステルスジャンプの効果検証!着地マーカーが見える距離について!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする