「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の特徴まとめ!それぞれのメリット・デメリットを解説!

この記事では、ニンテンドースイッチとスイッチライトの特徴をまとめています。

メリットやデメリットに重点を置いて解説しているので、それぞれの特徴をしっかりと把握して、自分に適したスイッチ本体を選ぶ参考にしてみて下さい。

「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の特徴

本体Nintendo SwitchSwitch Lite
定価29,980円+税19,980円+税
遊べるソフト全ソフト携帯モード対応の全ソフト
ジョイコン付属×
(本体備え付き)
サイズ縦:102mm
横:239mm
厚さ:13.9mm
※Joy-Con装着時
縦:91.1mm
横:208mm
厚さ:13.9mm
重量約398g
※Joy-Con装着時
約275g
画面の大きさ6.2インチ5.5インチ
画面解像度1280×720ピクセル1280×720ピクセル
バッテリー
持続時間
新モデル:約4.5 – 9.0時間
旧モデル:約2.5 – 6.5時間
約3.0 – 7.0時間
対応モード
携帯モード
テーブルモード
テレビモード×
有線接続
携帯モード
テーブルモード
テレビモード×

Nintendo Switchの特徴

ニンテンドースイッチのメリット

  1. テレビ接続が可能(有線接続にも最適)
  2. 遊べないソフトが無い
  3. コントローラーを買い替えられる
  4. 携帯モードの画面が少し大きい
  5. バッテリー時間が長い(新型モデル)

・テレビ接続が可能(有線接続にも最適)

ニンテンドースイッチには、テレビ接続する機能が備わっているため、付属している「ドッグ」を使用すれば「テレビモード」で遊べます。

テレビモードだと、画質がワンランク上がったり、対戦ゲームで相手の動きが見やすくなったり、複数人でも画面がよく見える様になります。

しかも、テレビモードだけの有線接続であれば、最低1000円程度で有線接続することが可能です。

本格的に対戦ゲームを楽しもうとするなら、間違いなくテレビ接続機能が必須になってくるので、対戦ゲームを買うなら「通常版スイッチ」を持っておいた方が良いです。

・遊べないソフトが無い

通常版スイッチは全プレイモードに対応しているため、遊べないソフトがありません。

・コントローラーが替えられる

本体とジョイコンが切り離せるため、ジョイコンだけを修理に出すことが出来ます。

また、操作性の良いプロコン、安く買える格安コントローラー、ソフト専用コントローラ(太鼓の達人ならタタコン等)が使えます。

関連記事:【Nintendo Switch】おすすめの人気コントローラーまとめ!関連アイテムも合わせて紹介!

ニンテンドースイッチのデメリット

  1. 値段が高い

テレビを持っている家庭であれば、1台目の購入はドッグが付属しているニンテンドースイッチを選べば間違いありません。

しかし、値段が1万円も高くなってしまうので「スイッチライトで十分だった」となると勿体ないです。

デメリット部分を考慮した上で「スイッチライトでも問題なさそう」と思った方は、スイッチライトの購入を考えてみて下さい。

Nintendo Switch Liteの特徴

ニンテンドースイッチライトのメリット

  1. 価格が1万円も安い
  2. 携帯モードの操作性向上(小型化されて持ちやすい)
  3. 軽くて疲れにくい

スイッチライトを選ぶメリットは、何と言っても「価格の安さ」です。

それ以外の「軽くて持ちやすくて操作もしやすい!」なんてのは、褒める部分が無くなったから書くこと。

現に、私もメリットを箇条書きする際に「価格が安い」と言う理由だけで終える訳には行かない…と思って微々たるメリットだと分かっていながら書いているから良く分かる。

とは言ったものの、携帯ゲーム機として作られている分、持ちやすさ等は確かに改良されていました。

それでも、通常版スイッチは、携帯モードの操作性が酷い…なんてことは無いため、やはり、携帯モードの操作性で選ぶのは確実に止めた方が良いです。

ニンテンドースイッチライトのデメリット

  1. テレビ接続が不可能(Nintendo Switchドッグ等を購入しても無理)
  2. コントローラー部分の修理時に本体ごと出さなければいけない
  3. 非対応ソフトがある

・テレビ接続が不可能

これだけは知っておいて欲しいことが、テレビ接続は「Nintendo Switchドッグ」や「別売りスタンド」等を購入しても不可能…と言う点です。

テレビに出力する機能自体が搭載されていないので、テレビ接続は絶対に出来ません。

・コントローラー部分について

ニンテンドースイッチのコントローラーは耐久性が低いと言われています。

例えば『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオメーカー2』等のコントローラーを酷使するゲームでは、一ヵ月程度でコントローラーが壊してしまう方がいるほどです。

もし、コントローラー部分が壊れてしまったら、本体ごと修理に出さなくてはいけません

通常版スイッチであれば、コントローラー部分だけの交換が可能なので、これらを考えると、コントローラー部分も「考慮しておくべき大きなデメリット」だと言えるでしょう。

ちなみに、私が「通常版スイッチに付属しているジョイコン」を使用していた時は、少なくても1000時間以上は壊れなかったため、人によって壊れやすさは大きく変わると思います。

・非対応ソフトがある

スイッチライトは携帯モードで使用することが前提となっているため、スイッチライト本体だけでは「携帯モード非対応ソフト」が遊べません

ちなみに、携帯モード非対応ソフトは極一部となっており、テーブルモードなら非対応ソフトであっても遊べてしまいます。

ただ、テーブルモードで遊ぶためには、新たに「別売りのジョイコン(約8000円)」と「スイッチライト対応スタンド(約1000~4000円)」が必要になるので、非常にコスパが悪いです。

携帯モード非対応ソフトが遊びたいのであれば、通常版スイッチを購入した方が良いでしょう。

・スイッチライトに適さないゲーム

スイッチライトに対応しているゲームであっても、プレイに適さないゲームが存在する点に注意して下さい。

例えば「リングフィットアドベンチャー」等、操作するために画面から離れる必要があるゲームでは、テーブルモードだと画面が見にくくなってしまいます。

また、複数人で一つの画面を共有するパーティゲーム等も、テーブルモードだと見にくいです。

他にも、対戦ゲーム(特に『スプラトゥーン2』や『フォートナイト』等)だと、テレビ画面でなければ視認性が悪くなってしまいます。

こう言ったことから、スイッチライトで遊べるゲームであったとしても、プレイに適さないゲームが有ると言えるのです。

最適なNintendo Switch本体はどっち?

ほぼ全てのスイッチ専用ソフトが普通に遊べてしまうので、スイッチライトで十分…と考えてしまう方が多いかもしれません。

しかし、実際にゲームをプレイしてみると「このゲームはテレビ画面で遊びたい」とか「コントローラーの修理だけなのに本体が使えなくなる」とか「無線接続だと途切れるから有線接続にしたい」等となる可能性は十分にあります。

1台目の購入なら「通常版のニンテンドースイッチ」が無難!

ニンテンドースイッチのソフトには、ジョイコン操作や専用コントローラーでのプレイを想定したゲームが多くなっており、直感的な操作が楽しめるゲームも沢山あります。

そして、プレイすること自体は可能だったとしても、やっぱり、そのゲームを最大限楽しむためには、テレビ接続が必須になるゲームが多いのです。

他にも、コントローラーが消耗品…と言うことを考えずにいると、購入後に「通常版スイッチを買っておけば良かった」となるかもしれません。

これらの理由から、1台目のニンテンドースイッチは「通常版スイッチ」が最適だと言えるでしょう

もちろん、テレビ接続する必要が絶対に出ない…と言う方であれば、最初から「スイッチライト」を購入するのも有りです。

どちらのニンテンドースイッチ本体を購入するのかは自由ですが、もし、どっちが良いか迷っている…と言う方は1台目の購入なら「通常版スイッチ」を強くおすすめします

2台目の購入なら「ニンテンドースイッチライト」で十分!

複数台のニンテンドースイッチをテレビ接続したい…と言う方は、その数だけ「通常版スイッチ」が必要になります。

しかし、大半の家庭では、スイッチ本体を2台以上もテレビ接続する…なんて状況は少ないはずです。

通常版スイッチ本体は1台持っていれば十分なケースが多いので、2台目以降から「ニンテンドスイッチライト」と言う選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、通常版スイッチは対戦ゲーム用/室内用、スイッチライトはRPGゲーム用/外出用等と使い分けることも可能になりますよ。

余談:ニンテンドースイッチ本体が2台あると出来ること

実は、スイッチが2台あると、1個のダウンロード版ソフトを同時に起動することが可能になります。

もし、2台目の購入を考えている場合は、この仕様について理解しておくと、同じソフトを2個買う必要が無くなるかもしれません。

詳しく知りたい方は、良ければ下記記事に分かりやすくまとめているので、合わせて読んでみて下さい。

関連記事:【Nintendo Switch】ダウンロード版ソフトを同時起動する方法を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加