【SDカード】アプリケーションパフォーマンスクラス(Aクラス)とは?

この記事では、アプリケーションパフォーマンスクラス(Aクラス)について分かりやすく解説しています。

スポンサーリンク

アプリケーションパフォーマンスクラス(Aクラス)とは?

アプリケーションパフォーマンスクラスは、SDメモリカード上のデータ編集などを含むアプリケーションを快適に利用するための規格として策定されました。

引用:アプリケーションパフォーマンスクラス – SD Association

スマホの中には「メモリー容量を拡張できる機種」が存在しており、その拡張にはマイクロSDカードを使用します。

この時、マイクロSDカードは「内部ストレージ」として認識されるため、外部ストレージ扱いだと保存できない「アプリ」等も保存することが可能です。

ただ、アプリ等では小さなデータを編集&更新することになるので、普通の製品では処理速度が落ちる原因となってしまいます。

そこで、データ編集/更新等で重要となる「ランダムリード/ライトの最低保証速度」が向上した新たな規格『アプリケーションパフォーマンスクラス(Aクラス)』が作られました。

現時点だと、Aクラスには(A1)と(A2)の2種類があります。

Aクラス最低保証速度
ランダムリード速度ランダムライト速度シーケンシャル
最低保証速度
A11500(IOPS)500(IOPS)10MB/s
A24000(IOPS)2000(IOPS)10MB/s

・IOPS値とは?

IOPSとは『Input Output Per Second』の略称で「決められた条件下で行える1秒辺りのリード/ライト回数」のことです。

例えば、容量4KBのデータを1秒辺りに「100回のランダムリード」が可能な場合であれば『4KBランダムリードIOPS値=100』となります。

データ編集/更新等は小さなデータ転送速度が決まるため、この「IOPS値」が処理スピードに大きく関わってきます。

・シーケンシャル最低保証速度

シーケンシャル速度は「大容量データの転送速度」に関わっており、ランダム速度は「容量の小さなデータの転送速度」に関わります。

シーケンシャル速度は、単純に、スピードクラスと同じ『最低保証速度』を示すものです。

例えば、MP4動画等のデータは「容量1GB」を超えることが多いですけど、メモ等のデータは「容量1~10KB」等の非常に小さなものとなっていますね。

シーケンシャル速度は「MP4動画」等、ランダム速度は「アプリデータの編集&更新」等のデータ転送速度に関わるものです。

適用クラス

SDカードが(A2)に対応していたとしても、使用する機器側(スマホ等)が対応していなければ、使用機器側に合わせたAクラスが適用されます。

その逆も同じで、使用機器側が(A2)に対応していても、SDカードが対応していなければ、SDカード側のAクラスが適用されます。

つまり、低スペック側の対応クラスが適用されてしまう…と言うことです。

対応Aクラス適用クラス
スマホSDカード
ケース1A1A1A1
ケース2A1A2A1
ケース3A2A1A1
ケース4A2A2A2

最近では(A2)に対応しているマイクロSDカードも安くなっています。

もし、使用しているスマホの対応Aクラスが分からない…と言う場合には、とりあえず(A2)に対応している製品を選ぶのが無難です。

関連記事:準備中…

まとめ:Aクラスとスピードクラスの違い

勘違いしてしまいやすいと思いますが、Aクラスは「スピードクラスとは異なる性能」を保障するために作られた規格です。

Aクラススピードクラス
用途スマホアプリ等のデータ編集/更新リアルタイムデータの記録
最低保証速度ランダムリード
ランダムライト
データ転送速度
特徴小さなデータ転送が得意大きなデータ転送が得意
ストレージ内部ストレージ扱い外部ストレージ扱い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加