【スプラトゥーン2】インク回復力アップの効果と検証データ表

この記事では、インク回復力アップの効果と検証データ表を見やすくまとめています。

また、インク回復が付きやすいブランド、効果的なインク回復の運用方法等について書いているので、知りたいことがある方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

インク回復力アップの効果

インク回復力アップには、インクの補給速度を上げる効果があります。

前作では「潜伏状態」の時にだけ効果が発動していましたが、今作では「潜伏状態」だけではなく「人状態」の時にも効果が発動する様になりました。

ちなみに、インクロック状態(インク回復不可能状態)に対する効果は一切ありません。

撃ち合う時にインク切れを引き起こしてしまう方は、インクの消費量自体が減らせる「メイン効率」や「サブ効率」を採用した方が良いです。

①関連記事:【スプラトゥーン2】メイン効率ギアの効果と検証データ比較表
②関連記事:【スプラトゥーン2】サブ効率ギアの効果と検証データ比較表

インク回復力アップが付きやすいブランド(アロメ)

ブランド付きやすいギア付きにくいギア

アロメ

インク回復

スパジャン短縮

ホッコリー

サブ効率

インク回復

関連記事:【スプラトゥーン2】ブランド毎の付きやすいギアパワー【一覧表】

インク回復力アップの効果量検証データ表

ギアパワーインク回復時間
イカ潜伏短縮時間ヒト状態短縮時間
(0,0)180F600F
(0,1)173F-7F563F-37F
(0,2)168F-5F528F-35F
(0,3)162F-6F495F-33F
ギアパワーイカ潜伏短縮時間ヒト状態短縮時間
(0,0)180F600F
(1,0)160F-20F484F-116F
(2,0)145F-15F390F-94F
(3,0)132F-13F316F-74F
(3,3)124F-8F266F-50F
ギアパワーイカ潜伏短縮時間ヒト状態短縮時間
(0,0)180F600F
(3,9)117F-63F220F-380F

関連記事:【スプラトゥーン2】ギアパワーの計算方法と表記方法について解説

ギアパワー

スポンサーリンク

インク回復力アップの運用方法

・網ステージ等での運用

潜伏が使えない場所が存在するステージでは、人状態でのインク回復力が大幅に上がるため、インク回復の採用も考えてみて下さい。

特に、デボンの屋根上等で立ち回ると強い武器であれば、インク回復の恩恵を強く感じられるはずです。

・インク効率ギア2種との併用

同じギアパワーは装備するほど上昇効果量が小さくなってしまうため、効果量の大きい「メイン効率」や、汎用性の高い「サブ効率」だけでギア構成するのは効果的とは言えません。

もし仮に、ボムの回転率を上げるために「サブ効率」を沢山付けているのであれば、代用として「インク回復」も組み合わせたギア構成を試してみて下さい。

たったこれだけで、ギアパワーが無駄なく効率的に活用できる様になります。

装備ギアパワーが重複するほど効果量は少なくなってしまうので、サブ効率(2,6)付けるよりも、サブ効率(1,3)+インク回復(1,3)…と付けた方が効果的です。

・インク消費量が下がりにくいサブ武器

ギアパワー「サブ効率」は、サブ武器によってインク消費量が減らせる効果量が異なり、クイックボムやロボットボム等の効果量が低く設定されています。

そのため、ボムの回転率を上げることが目的の場合であれば、サブ効率よりもインク回復を優先して付けた方が良いです。

まとめ:インク回復力アップの使い方

・撃ち合いを想定するなら「インク回復」より「インク効率系」がおすすめ
・金網ステージ等では「インク回復」も優秀
・インク効率ギアを一定以上付けている場合は「インク回復」を併用すると効果的

「メイン効率」や「サブ効率」を付けると、インク消費量自体が少なくなるため、疑似的なインク回復効果も得られます。

そのため、基本的には「インク回復」よりも「インク効率系ギア」の方が優秀です。

ただ、そもそもインク切れが起こりにくい武器(わかば/N-ZAP等)であれば、インク回復を優先的に付けるのも悪くありません。

同じギアパワーは重複装備するほど効果量が減衰してしまうので、インク効率ギアを一定以上付ける場合には「インク回復」との併用を考えてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする