「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の違いを比較!後悔しない選び方について!

この記事では、ニンテンドースイッチとスイッチライトの違いを比較しているので、スイッチ本体を購入する前に一度確認してみて下さい。

「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の比較一覧表

本体Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
定価29,980円+税19,980円+税
本体カラーネオンブルー/レッド
グレー
イエロー
ターコイズ
グレー
コーラル
遊べるソフト全ソフト携帯モード対応の全ソフト
ジョイコン付属×
(本体備え付き)
別売りコントローラー対応
ドッグ付属
(テレビ接続機能)
×
(テレビ出力不可)
サイズ縦:102mm
横:239mm
厚さ:13.9mm
※Joy-Con装着時
縦:91.1mm
横:208mm
厚さ:13.9mm
重量約398g
※Joy-Con装着時
約275g
画面の大きさ6.2インチ5.5インチ
画面解像度1280×720ピクセル1280×720ピクセル
バッテリー
持続時間
新モデル:約4.5 – 9.0時間
旧モデル:約2.5 – 6.5時間
約3.0 – 7.0時間

「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の違い

価格と本体カラーの違い

本体Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
定価29,980円+税19,980円+税
本体カラーネオンブルー/レッド
グレー
イエロー
ターコイズ
グレー
コーラル

本体サイズの違い

本体Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
本体サイズ縦:102mm
横:239mm
厚さ:13.9mm
※Joy-Con装着時
縦:91.1mm
横:208mm
厚さ:13.9mm
重量約398g
※Joy-Con装着時
約275g
画面の大きさ6.2インチ5.5インチ
画面解像度1280×720ピクセル1280×720ピクセル
バッテリー
持続時間
新モデル:約4.5 – 9.0時間
旧モデル:約2.5 – 6.5時間
約3.0 – 7.0時間

スイッチライトは携帯モードでの操作をより快適にするために、本体が小型化され、通常モデルよりも軽量化されています。

画面は少しだけ小さくなっていしまいましたが、その分、操作性が向上しており、以前よりも携帯モードでのプレイは快適です。

ニンテンドー3DS LL の画面サイズが「4.88インチ」となっているので、まず、画面が小さく感じることは無いでしょう。

画面解像度が全く同じになっているので、画質は一緒です。

対応モードの違い

スイッチライトは「携帯モードのみ対応」となっているため、携帯モードに対応していないゲームソフトが遊べません。

ただ、ニンテンドースイッチに対応しているソフトは2000タイトル程度ありますが、携帯モード非対応ソフトは数えられる程度(1%程度)しか無いです。

それに、非対応ソフトをプレイする方法があります

非対応ソフトをプレイする方法等については、他の記事にまとめているので、詳しく知りたい方は関連記事を読んでみて下さい。

関連記事:【Nintendo Switch Lite】非対応ソフトをプレイする方法を解説!

対応コントローラーの違い

本体Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
Joy-Con付属×
(本体備え付き)
別売りコントローラー対応

スイッチライトには「ジョイコン」が付属していないんですけど、本体とコントローラーが一体化されているため、別途購入する必要はありません。

ただ、コントローラー部分が壊れてしまうと、コントローラー部分だけの買い替えが不可能なため、本体ごと修理に出すことになってしまう点に注意して下さい。

ちなみに、通常版スイッチで使えるコントローラーであれば、スイッチライトでも「テーブルモード」での使用が可能です。

オンライン接続・コントローラー接続方法の違い

Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
無線接続802.11「a/b/g/n/ac」802.11「a/b/g/n/ac」
Bluetooth接続4.14.1
有線接続
携帯モード
テーブルモード
テレビモード×

スイッチライトが対応しているオンライン接続方法は、通常版スイッチと変わりません。

注意点としては「操作モードによって有線接続するために必要なものが異なる点」です。

操作モード別に必要となるものをまとめている記事を書いているので、有線接続したい方は下記記事を参考に選んでみて下さい。

関連記事:【Nintendo Switch Lite】有線LAN接続する方法と必要なものについて!

本体内蔵メモリ/対応マイクロSDカードの違い

本体Nintendo SwitchNintendo Switch Lite
本体内蔵メモリ32GB32GB
対応マイクロSDカード上限2TB上限2TB

通常モデルとスイッチライトは、本体内蔵メモリの容量も、対応しているマイクロSDカードも全く同じです。

ちなみに、ニンテンドースイッチで使用するマイクロSDカードは①読込速度60~95MB/秒②UHS-I対応…と言う製品を選ぶことが推奨されています。

マイクロSDカードの選び方が分からない方、安くて優れている製品を選びたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

関連記事:【Nintendo Switch】おすすめの高速マイクロSDカードを紹介!推奨スペック目安と選び方について解説!

価格の安さで「Switch Lite」を選ぶと後悔する理由

  1. テレビモードで遊べない
  2. コントローラー部分のみの修理/買い替えが不可能
  3. 携帯モードだと有線接続コードが邪魔になる
  4. テーブルモードで遊ぶためには別途費用が掛かる

スイッチライトは、携帯モードでのプレイが快適な作りとなっていますし、一万円も安く買えるので、メリット部分はかなり大きいです。

しかし、デメリット部分も同様に大きくなっています。

例えば、テレビモードで遊べなかったり、コントローラー部分のみの交換が不可能だったり、有線接続だとコードが邪魔になったりする部分等です。

スイッチライト非対応ソフトは数える程度しかありませんが、実際にプレイしてみると、思ってる以上に不満点が出てくるソフトもあるかと思います。

後で「やっぱり通常モデルを買っておけば良かった」と成らない様に、ちゃんとデメリット部分を考慮して選んでみて下さい。

安く済ませたいから…と言う理由だけで「スイッチライト」を選ぶのは、本当に止めた方が良いです。

まとめ:「Nintendo Switch」と「Switch Lite」の後悔しない選び方

ニンテンドースイッチを選ぶべき人

  1. テレビモードで遊びたい人
  2. 携帯モード非対応ソフトが遊びたい人(マリオパーティ等)
  3. アクションゲームが好きな人
  4. 別売りのコントローラーを使いたい人
  5. どんなゲームを買うか分からない人

もし、コントローラーを酷使する『スマブラSP』『スプラトゥーン2』『スーパーマリオメーカー2』『マリオカート8』等をプレイしたい方は、通常版スイッチの購入を強くおすすめします。

どんなゲームを買うか分からない…と言う方も、通常版の方が無難です。

スイッチライトを選ぶべき人

  1. 既に通常版スイッチを持っている人
  2. テレビモードで遊ばない人
  3. 非対応ソフトを遊ばない人
  4. コントローラーが壊れやすいゲームを遊ばない人
  5. 外用スイッチが欲しい人

激しいアクションゲーム等は遊ばない方や、既に通常モデルを持っている方等であれば、デメリット部分が気にならない使い方になります。

2台目の購入であれば、スイッチライトは最適です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加