【Nintendo Switch】ラグが激減する有線接続方法!おすすめのLANアダプター紹介!

対戦ゲームでは『ラグの有無』によって快適性が大きく左右されてしまうので、回線速度を上げたいと思う方は有線接続にしてみましょう。

大半の人は「今までのラグは何だったのか…」と思えるほど、劇的に回線速度が上がります。

必要な物さえ揃えてしまえば誰でも簡単に設定することが出来るので、是非、有線接続を試してみて下さい。

スポンサーリンク

有線接続が超おすすめな理由について

対戦ゲームだと、ラグがある人は批判されたり、強いプレイヤーに敬遠されてしまうことが少なくありません。

それだけではなく、快適性も失われて思い通りの操作が困難になる…と言ったこともあるので、プレイ環境を整えておくことは強くなるためにも大切です。

しかし、回線を乗り換えることなんて学生には難しいですし、性能の良い無線ルーターは高いです

そこで、有線LANを使った『有線接続』を試してみて下さい。

有線接続であれば、無線接続よりも確実に回線速度を上げることが可能です。

同じゲームでも、ラグが無いと「こんなにも面白いゲームだったのか!」と思えるほど変わるため、有線環境を整えておくことを強くおすすめします。

有線接続に必要なもの

有線接続をするために必要となるものは『有線LANケーブル』『有線LANアダプター』の2つだけです。

費用は約2,000~5,000円程度。

これだけで、大半の人はラグが感じなくなるほど回線速度が速くなります

少し高く感じてしまう方もいると思いますが、『無線接続』では『有線接続』と同じ回線速度が絶対に出せません。

どんなに高い無線ルーターを買っても、回線速度は有線接続の方が絶対に速いのです。

おすすめの有線LANケーブル

LANケーブルには規格が存在し、以下のカテゴリー(CAT)表のように分かれています。

規格CAT5CAT5eCAT6CAT6A
CAT6E
CAT7
通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps10Gbps
イーサネット規格100BASE-T1000BASE-T1000BASE-TX10GBASE-T10GBASE-T
伝送帯域100MHz100MHz250MHz500MHz600MHz

簡単に説明すると、『Cat5』は通信速度が遅いのでゲーム用途には適していません。

有線LANケーブルを選ぶ時は、最低でも『Cat5e』以上に対応しているものを選んで下さい。

中でも、性能が飛躍的に上がる『Cat6e/7』の有線LANケーブルが一番おすすめです。

有線LANケーブルには3種類の形状(丸型/フラット/極細)があるんですけど、電波環境が悪い場所は『丸型』を選んで下さい。

大半の家庭は『丸型』か『フラット』から好きな方を選べば良いです。

「UGREEN LANケーブル Cat7」は、他と比べても値段が大きく変わらないので、どれか悩んだ時は、これを選んでおけば良いと思います。

もちろん、ここでは紹介していないメーカーの有線LANでも問題はありません。

おすすめの有線LANアダプター

有線LANアダプターは、任天堂の純性アクセサリーである『HORI製のLANアダプター』と『WII専用LANアダプター』が発売されています。

しかし、性能的には他社製アダプターの方が良く、それを知らずに純正品と言うだけで買っている方が非常に多いです。

・WII専用LANアダプターは回線速度が遅い

『WII専用LANアダプター』は「Nintendo Switch/WII U」でも同じ物が使えるんですけど、「100BASE-T」と言う速度の遅い規格にしか対応していません。

今は「1000BASE-T」と言う速い規格に対応しているものが出ているので、こちらを使った方が回線速度が速くなります。

最初は私もWII専用のものを使っていましたが、YOSH製のものにしただけで、微ラグが無くなりました。

もし、有線接続でも微ラグが生じている場合は、ここで紹介しているアダプターに買い替えてみて下さい。

絶対とは言い切れませんが、私の場合は約2倍の回線速度になったため、ラグが無くなる人は結構いると思います。

・USB規格

WII専用とSwitch公式アダプターは「USB-2.0」のものですが、より速い「USB-3.0」に対応しているものも売られています。

今後のアップデートで、スイッチ本体が「USB-3.0」に対応する予定だと公式ページに書いているので、買うなら「USB-3.0」に対応しているものがおすすめです。

・まとめ

LANアダプターWII専用HORIBUFFALOELECOMYOSH
価格1,348円2,627円1,462円1,619円2,199円
通信速度○(アプデ対応後◎)
USB規格USB-2.0USB-2.0USB-3.0
イーサネット規格100BASE-T1000BASE-T

※価格は記事作成日(2018/5/28)時点でのアマゾン価格です。値段が上下している可能性もあります。

こうやって比較して見てみると、純正のものよりも、他社製の方が良いものだと分かるはずです。

値段も安く、性能も良いと言うことで、これから買う人は『BUFFALO / YOSH製アダプター』等から選ぶことをおすすめします

とは言え、HORI製のもを買ってしまった方は、回線速度的には問題ないので、買い換える必要はありません。

しかし、WII専用LANアダプターを使っている人で、ラグを感じている人は買い換えも考えてみて下さい。

有線接続の設定方法

まずは、上図の様に「有線LANケーブル」と「有線LANアダプター」を繋いで下さい。

ちなみに、スイッチ(ドッグ)前面にあるUSBポートに「有線LANアダプター」を接続しても問題なく接続できます。

以下、有線接続設定について。

1.Nintendo Switchのホーム画面から「本体設定」を選択

2.インターネットから「インターネット接続」を選択

3.「有線接続」を選択

4.「有線でインターネットに接続する」を選択して終わり

スポンサーリンク

有線接続でも回線速度が遅い場合の原因

有線接続にしてもラグ(遅延)が発生してしまう方も中にはいると思います。

主な原因と対策方法についてです。

1.相手の回線速度が遅い

相手の回線速度が遅い場合、どんなに自分の回線が良くてもラグが発生してしまいます。

これは、原因が相手にあるだけで、自分に問題がある訳ではありません。

2.電子レンジを使用

使用しているものによっては、電子レンジを使用している間は回線が非常に重くなったり、回線が途切れたりしてしまいます。

フラット形状の有線LANはノイズを受けやすいため、丸型に変えたり、カテゴリー7のものにすると通信が安定するはずです。

3.ダウンロード中

パソコン等でダウンロードをしていたりすると、回線速度がガクッと下がってしまいます。

4.通信速度上限が低い

使用している回線(フレッツ光/Nuro光等)によっては、回線速度の上限が低い場合もあり、ラグが発生してしまいます。

この場合の改善策は1つしかなく、今使っている回線を乗り換える以外に方法はありません。

5.『有線LAN(カテゴリー5)』または『WII専用LANアダプター』を使っている

製品自体の通信速度上限が低いためにラグが発生してしまるので、より速いものに買い換えて下さい。

ここで紹介しているものを使っている場合は、製品の通信速度上限が低いことが原因ではありません。

6.製品に問題がある

あまり考えられない原因ですが、突然、回線速度が落ちてしまった場合は製品に問題がある(ケーブルの損傷等)かもしれません。

・まとめ

一時的なラグは、1.2.3.のどれかが原因の場合が多いです。

慢性的なラグは、4.5.6.のどれかが原因の場合が多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする