【厳選】スタイリッシュに飾るならこれ!おすすめのヘッドホンスタンドまとめ!

この記事では、ヘッドホンを購入したものの置き場所が無い…なんてことを解決してくれる「便利なヘッドホンスタンド+ヘッドホンハンガー」を紹介しています。

価格は1,000~4,000円ぐらいのものです。

お洒落なスタンドも沢山あるので、部屋に合わせた物を選ぶ参考にしてみて下さい。

ヘッドホンスタンドの選び方

ヘッドホンスタンドの購入を考えている方は、以下の点を考慮しながら選んだ方が良いです。

・ヘッドホンの大きさ

ヘッドホンスタンドには様々な大きさのものがあるため、使用ヘッドホンに適しているサイズのものを選んだ方が良いです。

丁度良いサイズ感の物が選べるとスタイリッシュに飾れます。

・ヘッドホンの重さ

様々な形状のヘッドホンスタンドがありますが、中には、重いヘッドホンを掛けると重心が偏ってしまい、スタンドが倒れてしまうこともあります。

なので、大きいヘッドホンを使っている場合は、高さだけではなく、軽すぎないもの、バランスが安定しているスタンド等がおすすめです。

・コード部分の収納も考える

スタンドのイメージ画像には、ワイヤレスタイプの物が使われていることが多いです。

実際に買ってみると、コード部分の収納スペースが無く、だらしない感じになってしまう場合も…

機器に接続した状態ならコードも気になりませんが、取り外してスタンドに掛ける場合は、コード部分を巻き付けられるものがおすすめです。

・置く場所に合わせたスタンドを選ぼう

ヘッドホンスタンドは画像で見ると小さく見えますが、実物は意外と大きいものだったりします。

想定していたスペースに収まらないと言うことが無いように、前もって収納場所を考慮したスタンド選びが大切です。

また、スタンドには様々な雰囲気のもの、お洒落なものがあります。(クラシック・スタイリッシュ・シンプルなもの等様々)

機能面だけではなく、インテリアとしても部屋に合ったスタンドを選びましょう。

おすすめのヘッドホンスタンド

このヘッドホンスタンドはケーブルの収納スペースが無いため、ワイヤレスヘッドホンを使っている人におすすめです。

ケーブルが有る場合は、ケーブルの収納方法も想定してから買いましょう。

シンプルで安いヘッドホンスタンド

シンプルなデザインと低価格が魅力のスタンドです。

1000円以下で買えるので、とりあえずヘッドホンスタンドが欲しいと言う方は試しに買ってみてはどうでしょうか。

他にも、似ているタイプのスタンドを一緒に貼っておくので、デザインの好みで選んでみて下さい。

カラーバリエーションは『VersionTeK』は白黒、『山崎実業』は白黒赤があります。

便利なUSBハブ付きのヘッドホンスタンド

他のものと比べると値段は少し高いんですけど、USBハブが前面に3つ+背面に1つ付いていて、メーカー保証も18ヶ月付いています。

台座には結構重みがあるため、大き目のヘッドホンを掛けてもスタンドが倒れる心配はありません。

色はシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールドの4種類。

お洒落でクールなヘッドホンスタンド

背面にケーブルを巻き付けられる部分があるので、ヘッドホンを飾った時にスッキリした見た目になります。

他にも複数のヘッドホンを掛けられるタイプのスタンドもあり、サイズによっては4つぐらいまでなら掛けることが可能です。

複数掛けることを前提に考えると、コスパ的にもお得だと思います。

こちらもデザインが良いので、複数掛ける用のヘッドホンスタンドとしておすすめです。

クラシックな雰囲気の木製ヘッドホンスタンド

こちらは、クラシックな雰囲気のある木製スタンドです。

ヘッドアーム部分がフィットする頭の形をしたスタンドになっているため、アーム部分に変な「癖」や「跡」が残らないのも魅力の1つ。

ただ、長時間使用したヘッドホンをすぐに掛けてしまうと、湿気が逃げにくくなってしまうと思います。(特に夏場)

ワイヤレスにおすすめのヘッドホンスタンド

こちらもデザインがシンプルなので、どんな部屋にも会うヘッドホンスタンドです。

ただ、コードを掛ける部分が少ないため、少しだけ見栄えが悪くなってしまうかもしれません。

ワイヤレスタイプのもので無い場合は、コードを掛けた後のことをイメージしてから買った方が良いと思います。

おすすめのヘッドホンハンガー

ヘッドホンハンガーは、スタンドと比べるとインテリア感が無くなるものの、スッキリと収納することが出来ます。

置くスペースが作れない人や、部屋に余計なものを置きたくない人は、ハンガータイプのものから選んでみて下さい。

吊り下げ式ヘッドホンハンガー

カラーボックスや机下等に設置するタイプです。

設置方法は、粘着テープ、接着剤、ネジ等での固定になります。

デスク式ヘッドホンハンガー

PCデスク・ゲームデスク等であれば、こう言ったデスクサイドに設置するタイプの物もおすすめです。

机を上下のアームで挟むことによって固定するため、着脱がしやすい再利用可能なものと成っています。

ただ、挟む力には限度があるみたいで、力が加わると少しズレてしまうこともある様です。

壁面式ヘッドホンハンガー

最後に、壁面に取り付けるタイプの物を紹介します。

こちらは金属製で強度が高く、取っ手部分も可動式で、かなり使いやすいです。

ただ、壁に穴を開ける必要性が出てくるため、そこだけは良く考えてから購入しましょう。

・壁面以外への取り付け

ヘッドホンハンガーの背面が平らになっているため、こちらに両面テープや接着剤等を使って、強引に取り付けることも可能です。

ただ、壁に穴を開けなくて済みますが、設置後の取り外しが大変になってしまいます。

取り付けたら外さないと言う場所であれば問題は無いので、一応、こんな設置方法もあるよと言う紹介です。

・マグネットによる取り付けも可能

また、金属製のデスク等であれば『マグネット』による取り付けも可能です。

シート式のマグネットは磁力が弱いものもあるので、ヘッドホンを掛けても落ちないよう、磁力が強めのものを選んだ方が良いと思います。

スタンドと同時購入がおすすめ!寿命を延ばす『ヘッドホンカバー』

ヘッドセットを置いていると、どんな場所であっても、時間と共に『ホコリ』が被ってしまいます。

頭に付けるものなので、気分的な問題だけではなく、清潔面でも良いものとは言えませんね。

定期的に買い換えを考えていたり、安いものであれば気にしなくても良いと思いますが、それなりに値段がしてしまうものを買う場合は、カバーの購入も考えてみて下さい。

カバーを買う際は見た目だけではなく、スタンドの高さ等にも配慮して選ぶことをおすすめします。

ビニール袋で代用している人もいますが、見た目は悪くなってしまう点に注意です。

ロジクールの『G433』の様に、付属品としてカバーが付いているものもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする