【2018年最新版】おすすめのゲーミングヘッドセット13選!使用用途別に最適なものを紹介!

数多くの製品があり「どれを選べば良いのか分からない」と言う人に向けて、おすすめのゲーミングヘッドセットをまとめました。

評価の高いヘッドセットや、使用用途別に適したものだけを紹介しているので、良ければ購入の参考にしてみて下さい。

出費を抑えたいならこれ!超格安ヘッドセット!

【ARKARTECH】G2000

こちらは、アマゾン評価が非常に高くなっていて、ベストセラーにも選ばれる有名な『コスパ最強のヘッドセット』です。

値段は3,000円と圧倒的な安さを備えつつ、テレビ音源で聞くよりも「左右の聞き分け」と「小さな音」が拾いやすくなります。

・友達と通話しながら遊びたい

・とにかく値段を抑えたい

上記の2点を満たす『ヘッドホン』ではなく『ヘッドセット』が必要である人にとっては、間違いなく最適な製品になります。

とは言え、値段が値段です。

音質面に関しては良いものとは言えず、少なくとも、サウンドを楽しめるような音は確実に出ません。

これを買ってから不満を抱いてしまう人は、低価格帯のヘッドセットには満足できない人です。

音質を少しでも気にするような人は、最低でも7,000円ぐらいのヘッドセットから選びましょう。

【Beeexellent】

どの程度の性能を『低価格帯ヘッドセット』が備えているのか…それを確かめたい人はBeexcellentから販売されているゲーミングヘッドセットを買ってみると良いです。

こちらは『2,070円』と言う破格の値段になっています。

テレビ音源よりは音が聞き取りやすくなり、近づいてくる音ぐらいは分かるので、裏取りなどに反応できる場面は増えるはずです。

もちろん、値段相応の音しか出ませんし、定位も鮮明とは言えないので、過度な期待はしない方が良いでしょう。

ヘッドセットとしての最低限の役割は果たしてくれるので、できるだけ価格を抑えたいと言う人におすすめです。

定番モデルから選ぶ!人気ゲーミングヘッドセット!

【ロジクール】G433

こちらは、アマゾンランキングでも上位に入るほど売れている『定番のヘッドセット』です。

ロジクールが独自に開発した『Pro-Gドライバー』を搭載し、サラウンドシステム『DTS Headphone:X』で臨場感のあるゲーミングを実現します。

また、長時間プレイでも疲れない軽量設計と、ファッション性の高いデザインも魅力的です。

漠然とヘッドセットが欲しい…と思っている方には『G433』をおすすめします。

【Razer】Kraken Pro V2 Oval

『Kraken Pro V2』は価格・音質・装着感の3拍子が揃っている、RAZER社製の中でも特に売れているステレオヘッドセットになります。

多くの方が高評価しているだけあって、こちらも万人受けする使用感となっている人気モデルですね。

USB接続には対応していませんが、ステレオヘッドセットとしては非常に良い仕上がりになっています。

ちなみに、『Kraken Pro V2』と『Kraken Pro V2 Oval』はイヤーパッドの形が違うだけで、性能に差がある訳ではありません。

【キングストン】HiperX Cloud Alpha

従来モデルよりも定位が掴みやすく、常に優位に立てるように…とのコンセプトを基にして作られたものが『HiperX Cloud Alpha』です。

音が分離して聞けるように『デュアルチャンバー』と言う構造を採用しただけではなく、今までとは違う、新たなスピーカードライバーも採用されています。

非常に多くのプロゲーマーが使用しているキングストン社製の最新モデルなので、価格以上のパフォーマンスを体感できるはずです。

従来モデルをも凌駕するほどに洗練された、この『HiperX Cloud Alpha』を、是非、試してみて下さい。

Discord通話等に便利!機能的なゲーミングヘッドセット!

【SteelSeries】Arctis 3 Bluetooth

SteelSeries社製の人気ヘッドセット『Arctis 3』に音声の同時入力機能を搭載したモデルが『Arctis 3 Bluetooth』です。

こちらは、スマホを使った通話プレイに適したヘッドセットになります。

ボイスチャット機能に対応していないゲーム(スプラトゥーン2等)で通話プレイする場合は、『スプリッター』や『ミキサー』を使わないといけません。

しかし、『Arctis 3 Bluetooth』は音声の同時入力に対応しているので、ヘッドセット単体だけで通話プレイが出来ます。

Switch本体とアナログ接続、スマホとはBluetooth(無線)接続するだけなので、非常に配線がスッキリします。

また、Bluetooth接続に対応しているオーディオ機器から好きな音楽をBGMとして流すことも可能。

スプリッターを使うと出てしまう「音質面の劣化」も無くなるので、Nintendo Switch用として選んでみて下さい。

PS4用ならこれ!おすすめの7.1chサラウンド対応ヘッドセット!

サラウンド対応ヘッドセットは数多く出回っていますが、大半のヘッドセットは PS4 だとバーチャルサラウンド機能が使えません

PS4でもバーチャルサラウンド機能が使えるヘッドセットを探している人は、下記で紹介しているものを参考にして選んでみて下さい。

ステレオ接続でも問題ない人は、定番モデルで紹介した『G433』や『Kraken Pro V2』、『HyperX Cloud Alpha』辺りがおすすめです。

【SONY】ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15007

2018/3/8に発売された『ワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)』は、SONY純正のPS4用ヘッドセットになります。

旧モデルは壊れやすい等のレビューが目立ちましたが、最新モデルは中々好評です。

唯一の欠点は『マイク音質』で、到底良い音質とは言えません。

低評価の多くもマイク音質に関して多くなっているため、気にする人は避けた方が無難でしょう。

ヘッドホンとしての使用であれば最新モデル、ヘッドセットとしての使用であれば旧モデルの『プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット』を選ぶと良いです。

【キングストン】HyperX Cloud Revolver S

このヘッドセットに付属している『USB-DAC』を使うことにより音質が向上し、『PS4』でもサラウンド音声が楽しめます。

ちなみに、マイクが使えないとのレビューが多いんですけど、これは気にしなくても大丈夫です。

下に貼っている関連記事の『HyperX Cloud Revolver S』欄で説明しているので、不安な方は読んでみて下さい。

関連記事:キングストン社製のおすすめヘッドセット『HyperXシリーズ』を比較!違いと選び方について

【SteelSeries】Arctis Pro +GameDAC

SteelSeries社製の最新モデルである『Arctis Pro(無印)』と言う製品があるんですけど、それを、さらに強化したものが『Arctis Pro +GameDAC』になります。

無印と違う部分は、ハイレゾオーディオ認定を初めて受けた、フルゲーミングオーディオシステムが採用されている『GameDAC』が付いてくる点ですね。

これを使うことで、より洗練されたオーディオが体験できるだけではなく、PS4でもサラウンド対応になります。

値段は高くなってしまうんですけど、値段に相応しい性能を秘めていることは間違いありません。

テレビゲームでも最上級のサラウンドを感じてみたい人は、是非、この『Arctis Pro +GameDAC』を手に取ってみて下さい

PS4での使用も考えている人には、個人的に一番おすすめしたいヘッドセットです。

また、ワイヤレスモデルである『Arctis Pro Wireless』もサラウンド対応していますが、GameDACは付いません。

プロゲーマーも認めるFPSゲーム最強のヘッドセット!

【ゼンハイザー】GAME ZERO

こちらは、ドイツの音響機器メーカーである『ゼンハイザー』が作った、抜群の性能を秘めたゲーミングヘッドセットです。

FPSゲームに最も適している…と言われる程の評価を受けていて、プロゲーマーの方からも支持されています。

2万円以上のヘッドセットを買う人は、是非、このヘッドセットの購入も考えてみて下さい。

ちなみに、ヘッドホン構造が開放型になっている『GAME ONE』と言う兄弟モデルも発売されています。

ゲーム用途にしか使わない人は『GAME ZERO』、ゲーム以外にも使うなら『GAME ONE』の方が若干良いです。

【ゼンハイザー】GSP 600

『GSP 600』は、抜群の評価を受けていた『GAME ZERO』の後継機モデルになります。

「従来モデルをも上回る」と言われているので、最上級のパフォーマンスを秘めているのは間違いありません。

手が出しにくい値段にはなってしまうんですけど、ゼンハイザーの最新モデルだけあって『GSP 600』は値段に見合った価値があります。

サウンドプレイを極めたい人、または、極められる自信がある人には凄くおすすめです

こちらも『GSP 500』と言う開放型モデルがあるんですけど、特にこだわりが無い人は『GSP 600』の方が良いと思います。

リアルサラウンド7.1ch対応ヘッドセット!

【Razer】Tiamat 7.1 V2

こちらは、内臓スピーカー計10個のリアルサラウンド7.1ch対応ヘッドセットになります。

バスリダイレクト機能が付いている『サウンドカード』が無いと性能を発揮できないため、PC環境が整っている人以外は買わない方が良いです。

音楽鑑賞用にも使えるヘッドホン!

【ゼンハイザー】HD 598

【FPS用ゲーミングヘッドセット】プロゲーマー総勢830名のデータから作った使用率ランキング!でも紹介しているんですけど、『HD 598』はプロゲーマーの方も使っているヘッドホンの1つなんですよ。

そして、音楽用途向けに作られているヘッドホンなので、ゲーミングヘッドセットと比べるまでもなく音楽鑑賞に向いています

ただ、ゲーム用途なら『MixAmp Pro TR』等と併用した方が良く、ヘッドホンなのでマイクが付いていない点に注意して下さい。

ちなみに、上位モデル『HD 599』も発売されています。

ゲームだけではなく音楽も聞きたい…と言う方は、この『HD 598』と『MixAmp Pro TR』を組み合わせて使ってみて下さい。

終わり

音だけで敵のいる場所を特定するためには、ヘッドセットは必用不可欠なものです。

ただ、安いものでも音は聞き取りやすくなるんですけど、定位がぼやけてしまい、敵のいる方向を誤認して、隙を晒すことに繋がることもあります。

索敵力を補うためのヘッドセットを求める人は、最低でも7,000円以上のヘッドセットを買ってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする