ロジクール社製のヘッドセット『Gシリーズ』を比較!おしゃれな『G433』は必見!

ロジクール社製のゲーミングヘッドセットの特徴と選ぶポイントをまとめています。

ロジクール社製ゲーミングヘッドセットの特徴

ロジクール社製ヘッドセットは、1万円前後のラインナップが豊富で、ライトゲーマーのニーズに合った製品が多いです。

長時間プレイでも疲れにくい軽量設計、魅力的なデザイン等が特に評価されているブランドになります。

注意:PC以外はサラウンド未対応

ロジクール社製のゲーミングヘッドセットには『バーチャルサラウンド7.1対応』のものがあるんですけど、パソコン以外に接続すると、全て『ステレオ音声』になる点に注意して下さい。

一応、サラウンドに対応させる方法もあるんですけど、対応させるためにはヘッドホンアンプ等が必要になってしまいます。

PS4でサラウンド対応しているものが使いたい場合は【2018年最新版】おすすめのゲーミングヘッドセット13選!使用用途別に最適なものを紹介!の記事で紹介しているものがおすすめです。

関連記事:ステレオヘッドセット・イヤホンをサラウンドに対応させる方法!

Gシリーズの発売日順

旧型< G230 < G430 < G633 < G933 < G231 < G533 < G233 = G433 <新型

この記事で紹介する中では『G230』が一番古い旧型モデル、『G433』が最新モデルになります。

価格は記事を書いている時のアマゾン価格になるため、値段が上下している可能性があります。

目安程度の認識で参考にして下さい。

ロジクールのテレビゲーム向きステレオヘッドセット!

モデルG230G231G233
発売日2013-05-172016-09-232017-07-20
アマゾン価格6,000円~5,300円~8,000円~
ドライバー40mm径ネオジウム(旧型)40mm径ネオジウム(Pro-G)
接続方法アナログ
サラウンド対応×

テレビゲーム用のヘッドセットが欲しい方は上記3モデルから選ぶと良いです。

これは、テレビゲームでの使用を前提に買う場合は、サラウンドヘッドセットを買っても意味が無いからです。

ロジクール社製のヘッドセットは全て、PC以外だとステレオ音声になってしまいます。

サラウンドと言う使わない機能のためにお金を払うのは無駄になると思うので、必要最低限の機能だけが付いているモデルを選びましょう。

ロジクールPro-G™ アドバンスド オーディオ ドライバーは、先進的なハイブリッド メッシュ素材にオーディオ プロファイルを組み合わせ、深みのある低音とクリアな高音、精度の高い高音域に加え、ディストーションを驚くほど低く抑えています。設計者が追求した、大音量かつ鮮明で精度の高いリアル感あふれるサウンドで、ゲームをお楽しみいただけます。

引用元:ロジクール公式サイト

『G230/G231』には古いドライバーが使われていますが、『G233』には最新のドライバーが使われています。

ドライバーは音質等に影響する一番重要な部分なので、これから買うのであれば『G233』がおすすめです。

ロジクールの人気サラウンドヘッドセット!

モデルG430G433G533
発売日2013-08-232017-07-202017-01-26
アマゾン価格7,700円~10,900円~11,200円~
接続方法アナログ/USBUSB
ドライバー40mm径ネオジウム(旧型)40mm径ネオジウム(Pro-G)
サラウンド対応○(PC)

ロジクール G430

こちらは、ロジクール社製の中で一番安い7.1サラウンドヘッドセットです。

ただ、スピーカードライバーが少し古いものが使われているため、プラス3000円出して、最新モデル『G433』を買った方が良いと思います。

もちろん、性能が悪いと言う訳ではないので、価格重視のサラウンドヘッドセットとして選ぶならベストかもしれません。

ロジクール G433

こちらは、ロジクール社製の最新ヘッドセットになります。

ヘッドセットにはマイク音質が悪いものも結構あるんですけど、『G433』はマイク音質が良いものになっています。

ゲーム実況もヘッドセットを使いながら撮れるレベルなので、『youtube』や『openrec』等での配信を考えている人なら買って損はありません。

また、重量も250g程度と非常に軽く、長時間プレイにも適しています。

このヘッドセットが同価格帯のものと比較して売れている理由は、なんと言ってもコスパに優れているからです。

音質○/マイク○/装着感○/軽さ○/デザイン○…しかも、サラウンド対応までしています。

それで、1万円ちょっとなので、PC用ヘッドセットを買おうとしている人には凄くおすすめです。

ロジクール G533

こちらは、ワイヤレスヘッドセットが欲しい人におすすめです。

ワイヤレスタイプは値段が高いものが多いんですけど、『G533』はシンプルな作りを追及しているからか、価格が抑えられています。

気になる音声遅延は「プレイに支障が出るほどの遅延が無い」と言うよりも、遅延を感じることすら無いレベルで良いです。(無線を妨げるような環境下では例外)

難点は『マイク音質』…これだけが残念ながら良いものとは言えません。

何も知らずに購入してしまうと、マイクが「音質の悪いラジオ感」が出ているので、少しだけガッカリするかもしれないです。

ヘッドホンは良いものになっているので、マイク音質を気にしない人であれば購入しても満足できると思います。

通話プレイに最適!マルチソースオーディオ対応ヘッドセット!

モデルG633G933
発売日2015-09-242015-11-19
アマゾン価格12,400円~15,500円~
接続方法アナログ/USB
ドライバー40mm径ネオジウム(Pro-G)
サラウンド対応○(PC)

こちらのヘッドセットは『マルチソースオーディオ』に対応しており、2つの音源を同時入力することが可能です。

この機能を使うことにより『テレビゲーム音声』と『discord/skype通話の音声』をミックスすることが出来ます。

また、ゲーム内のサウンドを『効果音+ボイス』のみに設定して、ウォークマン等から『BGM』を好きな音楽に変えたりすることも!

PCだと使う場面が少ない機能ですけど、テレビゲームを遊んでいる時には備わっていると非常に便利な機能になっています。

ロジクール G633

『G433』と比較すると3000円程度の値上がりはあるものの、マルチソースオーディオに対応している…と言う点が魅力のゲーミングヘッドセットです。

テレビゲームの通話プレイに適した機能を備えているので、1つ目のヘッドセット購入に良いかもしれません。

今は値段も下がっていますし、『マルチソースオーディオ』に対応しているヘッドセットが欲しい人にはおすすめです。

ロジクール G933

『G933』は『G633』を無線接続にも対応させたモデルです。

有線接続にも、ワイヤレス接続にも対応していると言う点は、プラスにしか働かない要素なので、こちらを買うのも十分ありだと思います。

ワイヤレス接続を可能になった文、3000円程度の値上がりがあるので、この差に3000円分の価値が見い出せるかで選んでみて下さい。

ただ、音声を同時入力する場合は、完全ワイヤレス状態での使用が不可能な点に注意です。

まとめ:ロジクール社製ヘッドセット『Gシリーズ』の機能比較

Gシリーズ
モデルG230G231G233G430G433G533G633G933
サラウンド対応(PC)×××
複数音声の同時入力××××××
ワイヤレス××××××
ドライバー
接続方法アナログアナログ/USBUSBアナログ/USB

「これが欲しい!」と言うようなヘッドセットが特に無ければ、『G233』と『G433』が本当におすすめです。

テレビゲーム用のヘッドセットなら『G233』、PC用のヘッドセットなら『G433』と言う風に選んでみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする