ステレオヘッドセット・イヤホンをサラウンドに対応させる方法!

サラウンドに対応していない、全ての『ヘッドセット』も、全ての『イヤホン』も、バーチャルサラウンドに対応させることが可能です。

この記事では、サラウンドについての説明と、ヘッドセットをサラウンド対応させる方法について書いています。

サラウンドとは?

サラウンドとは『音声の再生方法』の一つで、ステレオ(スピーカー2個)よりも多くのスピーカーを使って再生する音声になります。

主に、定位(音のする方向)をリアルに表現して、臨場感を生み出す効果があります。

FPSゲーム等では、足音がする方向を掴めた方が有利に立ち回れるため、サラウンドに対応しているものを選ぶ人が多いです。

『リアルサラウンド』と『バーチャルサラウンド』の違い

・リアルサラウンド

複数のスピーカーで定位(音がする方向)を表現する。

・バーチャルサラウンド

2つのスピーカーで疑似的にリアルサラウンドを表現する。

サラウンド5.1ch/7.1ch/9.1chとは

○.○chとは簡単に言うと、使用スピーカーの数を表しています。

サラウンド対応のヘッドセット等にはch(チャンネル)数が表記されていて、リアルサラウンド7.1chの場合なら、ヘッドセットに『スピーカー7個+サブウーファー1個』以上が内臓されている…と言うことになります。

サブウーファーもスピーカーの一種なんですけど、これは超低音領域だけを再生するものになっているため、分離して表記されていると思って下さい。

漠然と「対応チャンネル数は多い方が良い」と考えておけば間違ありません。

全てのヘッドホンをサラウンドに対応させる方法

方法1.ソフトウェアを使用

パソコンの場合は『ソフトウェア』を使用することで、全てのヘッドセットをバーチャルサラウンド音声に対応させることが可能です。

Razer Surround

Razerと言うゲーミングデバイスを作っている会社が無料で配布しているソフトウェアです。

ただ、無料版ではイコライザ調整に制限が掛かっているため、細かい調整をしたい方は有料版を購入する必要が出てしまいます。(有料化2428円)

URL → http://razer.degica.com/

Windows Sonic for Headphones

こちらはWindows10に標準で入っているものです。

OSをアップグレードさえしてしまえば、最新版にした全てのパソコンで使えます。

1.「スピーカーマーク」を右クリック

2.「立体音響」をクリック

3.「立体音響方式」を「Windows Sonic for Headphones」に変更

4.「7.1サラウンドサウンドを有効にする」をクリック

上記の手順だけで設定は完了。

超簡単にサラウンド対応ヘッドセットに生まれ変わりますが、ゲーム用に作られているものの方が定位等は良いでしょう。

Windows10アップグレードは下記URLからどうぞ。

URL → https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features

方法2.オーディオアンプを使用

バーチャルサラウンド音声をステレオヘッドセットに出力するためには『オーディオアンプ』等が必要になってきます。

主に使われている製品の値段は1~3万円程度です。

機能を簡単に説明すると、音質の向上、サラウンド対応化、イコライザー調整(足音等の音を聞き取りやすくするための音響調整)等が可能になります。

ちなみに、サラウンドシステムにも良し悪しがあるため、サラウンド対応のヘッドセットを持っている方でも、オーディオアンプのサラウンドを使う方が結構います。

定位が良くなったり、音質が良くなると評判のものが以下の3つになるので、購入の参考にして下さい。

MixAmp Pro TR

おそらく、これが一番使われているオーディオアンプで、テレビゲーム用途には一番適しているものです。

値段は16,000円程度と安い訳ではないものの「音のする方向が掴みやすくなる」と評判は良くなっています。

ただ、色によって対応ゲーム機種が変わる点に注意して下さい。

・Black → 対応デバイス【PC/Mac/PS4】

・White → 対応デバイス【PC/Mac/Xbox One / Nintendo Switch】

ちなみに、ミックスアンプ付きのヘッドセットも売られています。

Sound BlasterX G5

オーディオプロファイルがプリセットされているため、ゲームジャンルを指定するだけの簡単設定が出来ます。

当然、自分好みに調整することも可能です。

G5本体には3つまで設定を保存しておけるので、ゲームを変える毎に調整をし直す必要が無いのもポイントになります。

ただ、『MixAmp Pro TR』と比べると非常に安いのですが、利用するヘッドホン等によってはノイズが発生してしまうみたいです。

愛用しているヘッドホンとの相性によって評価が大きく別れている製品…と言うことを考慮して購入を考えて下さい。

それでも、値段に5,000円もの差があるので、浮いた分で新しいヘッドセットを買っても良いかもしれませんね。

アマゾンではベストセラーになっていて、大半の人が高評価を付けている製品でもあるため、初めて購入する方におすすめです

ゼンハイザー GSX 1000

こちらは、ドイツの音響機器メーカーが作っている「ゲーミング用のオーディオアンプ」です。

PCのみ対応。

新品だと約2万円程度が相場ですが、高い分、上記で紹介したものよりも性能が良くなっています

『GSX 1200 Pro』と言う『GSX 1000』の上位モデルも発売されており、こちらは、最大8台までのデイジーチェーン接続を可能にしたモデルです。

相場は2.5万円程度。

本気でFPSゲームに勝ちたい人におすすめのオーディオアンプです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする